11件目から20件目までの新着情報を表示しています。

新着情報

千葉県感染拡大防止対策協力金のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、千葉県から、千葉県内に所在する飲食店を対象に、営業時間短縮の協力要請が行われました。
 この要請に応じた事業者に対し、千葉県から支給される「千葉県感染拡大防止対策協力金」についてお知らせします。
関連リンク

小規模事業者持続化補助金公募要領第10版(一般型)が公開されました

小規模事業者等が、地域の商工会または商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助する「小規模事業者持続化補助金」の公募要領が公開されました。

第5回:2021 年6月4日(金)締切
※申し込みにあたり、本商工会で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、本会にご相談ください。

◎補助率及び補助金額
 事業費の2/3 上限額50万円 ※※ただし、本会主催の創業塾(2018年4月~2021年5月)を受講した方は、上限が100万円に引き上がります。

※2020 年1月1日以降である会社、または税務署に提出する開業届に記載されている開業日が 2020 年1月1日以降である個人事業主については、補助上限が 100万円に引き上がります。
添付書類

小規模事業者持続化補助金 <低感染リスク型ビジネス枠>の公募が開始されました

本補助金は、小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。
申請は、補助金申請システム(名称:Jグランツ)でのみ受け付けます。入力については、申請者自身が、電子申請システム操作マニュアルに従って作業してください。入力情報については、必ず、申請者自身がその内容を理解、確認してください。
本補助金の申請には、「GビズIDプライムアカウント」の取得が必要ですが、2021年3月末時点で3~4週間程度要しますので、未取得の方は、予め利用登録を行ってください。なお、本事業に応募申請を行う事業者に限っては、早期の発行が可能な「暫定GビズIDプライムアカウント」での申請が可能です。
関連リンク

事業再構築補助金のご案内

事業再構築補助金は、新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援するものです。

申請をお考えの事業者様は、公募要領をご確認の上、GビズIDプライムアカウントの取得手続きを行っていただき、認定経営革新等支援機関等と事業計画の策定に着手ください。
関連リンク

「労働保険料等算定基礎賃金等の報告」の様式を掲載しました。

労働保険年度更新のお知らせ

「労働保険料等算定基礎賃金等の報告」の様式を掲載しました。こちらをダウンロードいただき4月23日(金)までに当会までご提出をお願い致します。
添付書類

Facebookページにて情報提供しています!

横芝光町商工会Facebookページにて、各種の施策や会員情報を提供しています。ぜひ、ご覧ください。
関連リンク

令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要となります。

本年4月1日より、店頭の値札・棚札などのほか、チラシ、カタログ、広告などの価格表示が税込価格の表示(総額表示)となります。
事業者の皆様は対応、ご準備をお願い致します。
関連リンク

感染拡大防止対策協力金・確定申告のご相談は事前予約を

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、千葉県感染拡大防止対策協力金・確定申告のご相談は事前予約をお願いします。

なお、千葉県感染拡大防止対策協力金申請のご相談につきましては、書類を整えて(写真は印刷してご持参下さい。)お越しください。

横芝光町商工会(℡.0479-82-0434)
関連リンク

緊急相談窓口開設のお知らせ

緊急事態宣言発令により、中小企業・小規模事業者の皆様を対象に、千葉県感染拡大防止対策協力金や資金繰り(国、県制度融資他)をはじめとする様々なご相談に対応するため、相談窓口を設置しました。本会経営指導員が相談に応じますので、ご活用ください。

10月1日から 千葉県最低賃金 時間額 925円

令和2年10月1日から 千葉県内の事業場で働くすべての労働者(パート、アルバイト等を含む)とその使用者に適用される「千葉県最低賃金」(地域別最低賃金)が改正されます。

時間額 925円(従来の923 円から2円引上げ)

使用者は、この額より低い賃金で労働者を使用することはできません。仮に、この額より低い賃金を定めていても、法律により無効とされ、最低賃金と同額の定めをしたものとみなされます。